2011年12月25日

寒軽句会7

【寒軽句会7】

日時: 2011.12.18(日)16〜18時 (15時開場・本番迄雑談タイム)

会費: 1000円(1ドリンク付)
会場: JazzBaサムライ Tel.03-3341-0383
メール: jikeアットマークn.email.ne.jp (二健)

・俳句持ち寄り、即吟、席題、感想批評、雑談など
・寒軽句会は、定数出句、無記名点盛り、
 高得点句順批評による一般的な句会ではありません。
 相互適宜に自作俳句を批評し合います。
・どなた様もご参加ください。
・出句数任意/俳句形式不問/見学可
・参加人数と時間によって、句評の数は限られます。

※寒軽の謂れは、サムライカルチャーの頭の当て字取りです。
 造語のサムカリストとは、寒軽句会の常連さんです。
※寒軽句会の開催日は決まっていません。
 句会開催希望の声をお待ちしております。

前回の寒軽BLOG
 http://maglog.jp/samukaru/index.php?module=Info&infid=23028
 http://maglog.jp/samukaru/index.php?module=Info&infid=24031
 http://maglog.jp/samukaru/index.php?module=Info&action=Edit&infid=24031&func=Schedule
------------------------------------
≪西野りーあ作品≫

磔刑図 夢にうつろう 幻覚の。
遠い声 氷の夢よ 冬銀河
おん身には 銛を打ち込め 聖誕祭
冬銀河 刹那の花と 添い寝する
我が胸に 光差し込め 聖樹まで
冬空に 吸い込まれ行く 花弁かな
砕かれよ 世に降る星の 聖誕祭
最果ての ふるえる歌よ 聖樹かな
問わば問え おん身と酒の 雁の風呂

西野 りーあHP『うろくずやかた』
 http://urokuzu.net/

------------------------------------
≪横山克衛作品≫

着ぶくれていずこへ行くや師走びと
営業中句会浄土に客一人
聖誕祭焼かれ揚げられトリの群れ

------------------------------------
≪宮崎二健作品≫

慰安婦の偽りの花冬ざるる
慰安婦の憎悪建立枯れむくげ
白菊やありもせぬことあると云う
つわぶきの赤く咲くのもためらわず
雁風呂と聞いた風なことありしかな
倒壊の家屋青空雁の風呂
野良猫が漁る聖夜のごみ袋
さにつらうサンタクロース庇いけり
九句まで出来た歳晩飴舐める

------------------------------------
posted by Jiken at 01:39| Comment(1) | 句会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西野りーあさんのHP「うろくずやかた」 http://urokuzu.net/ 
の「ゆりのうたたね」でレポートの記事があります。

句会 サムライカルチュアー【寒軽句会 7】その一
 http://leea.exblog.jp/17088914/
句会 サムライカルチュアー【寒軽句会 7】そのニ
 http://leea.exblog.jp/17110676/
句会 サムライカルチュアー【寒軽句会 7】その三
 http://leea.exblog.jp/17118764/
Posted by 二健 at 2012年01月06日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。