2006年02月13日

特報≪りかちゃん句会3≫

rikaku3 009.jpg

〜〜〜〜06.2.12(日)午後3〜6時/於SAMURAI〜〜〜〜〜
◇3句持参互選互評
◇俳句形式自由
 (有季・無季・定型・自由律・回文・口語・文語・新旧仮名遣)
◇全句賞玩(獲得点数よりも句評討議重視)
・参加者:莉加・虎児(清記)・雪中庵(初参加)・二健(司会・記録)

┌―――――――――――――――――――――――――――┐
    作品12句            |作者| 互選/◎特選
└―――――――――――――――――――――――――――┘
01 淑女(レディー)のことばに放火されている
                           虎児  ◎莉加・雪中庵
02 春近し上手に笑う犬がいる        虎児  ◎雪中庵・二健
03 度忘れの漢字咲いたか梅の花     虎児

04 冬の夜彼を感じた缶コーヒー      莉加  二健・虎児
05 流れ雲に流された彼           莉加  二健
06 千の夜絡めた小指愛のしるし      莉加  雪中庵

07 土葬して建国の日を迎えけり      二健  ◎虎児・莉加
08 新しい家古い家春ともし          二健  虎児・雪中庵
09 ばればれのバレンタインデーはればれ 二健

10 莉加酒井かあの日の赤い傘借り    雪中庵  ◎二健・莉加
11 春陽に背きしコート手にカメラ      雪中庵  虎児・莉加
12 ひと電車見送る小春日和かな      雪中庵
                           (順不同)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
キスマーク寸評覚書

01 淑女(レディー)のことばに放火されている  虎児
                                ◎莉加・雪中庵
  ・莉加曰く…赤かピンクのイメージがいい。
  ・雪中庵…叙景句が好きなのだが心象のイメージにそれがある。
  ・二健…ルビの必要性が希薄。
  ・虎児…火事が冬季だから放火はそれに準じると思う。

02 春近し上手に笑う犬がいる        虎児  ◎雪中庵・二健
  ・雪中庵…高いクオリティで深い味わいがある。
  ・二健…犬の処世術の強かさの哀しさ。

03 度忘れの漢字咲いたか梅の花       虎児
  ・二健…「梅の幹」とかだったら。

04 冬の夜彼を感じた缶コーヒー       莉加  二健・虎児
  ・二健…高級でない飲み物の配合も、頭韻の習作としてもいい。

05 流れ雲に流された彼           莉加  二健
  ・二健…自由律としてよし。
  ・虎児…彼での止めでは物足りない。

06 千の夜絡めた小指愛のしるし       莉加  雪中庵
  ・二健…島倉千代子の「恋しているんだもん」参照。
  ・虎児…下五は言いすぎ。

07 土葬して建国の日を迎えけり       二健  ◎虎児・莉加
  ・虎児…思想がありレベルが高い。他句会で通用する。
  ・莉加…斬新でいいな。
  ・雪中庵…動物の土葬かも。

08 新しい家古い家春ともし         二健  虎児・雪中庵
  ・虎児…伝統的で手馴れている。下五は古いか。
  ・雪中庵…ぴったりはまった。

09 ばればれのバレンタインデーはればれ   二健
  ・虎児…川柳ならばいいが。

10 莉加酒井かあの日の赤い傘借り     雪中庵  ◎二健・莉加
  ・二健…姓名を逆転させての回文ドラマ仕立はお見事。
  ・莉加…私の好きな赤が入ってる。
  ・虎児…詩になりえていない。
  
11 春陽に背きしコート手にカメラ     雪中庵  虎児・莉加
  ・莉加…「背きし」が際立った。
  ・二健…逆光を浴びている探偵か。

12 ひと電車見送る小春日和かな      雪中庵
  ・虎児…春先に11月の季語とは。当季を詠むべし。
  ・二健…小六月とも。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
※全12句全て評し、閉会30分前に終え締め括りの話ができた。
※コメントは、どなた様も歓迎!               -1494

rikaku3 008-1.jpg
posted by Jiken at 05:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 句会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 さっそくの句会報UP、ありがとうございますm(__)m
 昨日は、地元空港が積雪で、空港が閉鎖となり飛べず(@_@)
 来月は、入試の週でなければ参加できそうです。

 で、まず、8の「下語」は「下五」ですね^^;

 さて、小生が投句せずとも回文句!(^.^)(五七五なのは偶然)
 お目にかかれませんでしたが、雪中庵さんのそれが、やはり小生としては特選でしょう(ご批判もあろうとは思いますが^^;)。
 ただし、季語を入れるなら、当季、は当然でしょうか。

 莉加ちゃんの句では、「流れ雲に流された彼」が、この句会の成果かな、という感じがします。ただし、虎児さんの批評はもっともです。

 虎児さんの最初の2句は、さすがです。ルビ問題では、個人的にはルビでなく「レディー」としたい、なんて思いますが。

 二健さんの句では、「建国の日」の句より、「春ともし」のほうが、そういう語もあるという個人的な新鮮さもあって、好きです。
 そういう句も詠みながら、バレンタインの句も詠むというところが、二健さんの面目躍如でしょう。
 学校じゃないんだから、優等生みたいな句でなくてもいいはずです(^.^)

 次回は天狗俳句、やりませんか(^.^)(独りでやればいい、という声もありますが^^;)

 自作句ができたら、またカキコします。
 ではとりあえず。
Posted by 木村哲也 at 2006年02月13日 08:49
キムテツさん、はじめまして!
今回初参加させていただいた雪中庵と申します。
俳句はあまりやったことがなく(短歌は多少)、
このブログを見て『あ、回文もありなんだ』と
思ってあわてて作って持参したら、
「キムテツさんがおられれば、選んでくれただろうに」
と冷やかされました。
なかなか休めないので、次回参加できるかどうか
分かりませんが、お会いできたら「回文派」として
頑張りましょう(^o^)
Posted by 雪中庵 at 2006年02月13日 13:48
3回目の「りかちゃん句会」、今回も進展がありました。

・先ずは、莉加ちゃんファンの雪中庵さんの初参戦。
アイドルファンと俳句の脈絡が希薄と思いきや、
なんと氏の一句は回文俳句。鼻からやり手使い手の御仁。
「莉加酒井かあの日の赤い傘借り  雪中庵」
なんと見事な挨拶句。しかも莉加ちゃんの好きな赤入り。
聞くところに拠ると短歌をこよなくされていたそうな。
見るからにインテリジェンス漲るお方。
敵に不足なし。文句なしにその句を特選に選んでしまいました。
そして4句一連の最高点に君臨したのでありました。

・莉加ちゃんが自由律作られたのには驚きでした。
感性がフレッシュだから凝り固まらないで、
何でも挑戦してみるのがよろしいです。
ちゃんとした俳句の先生に付かないのが偉いです。
「流れ雲に流された彼  莉加」
彼は悲しき天使です。ああ極楽蜻蛉。トンボの行方は知りません。

・2回目に引き続き参戦したのが虎児氏。自由奔放な当句会が、
ともすればあらぬ方向へと暴走しかねない危惧を、
氏の正統派俳句精神によって、免れていて功罪の功ありとも。
「春近し上手に笑う犬がいる  虎児」
有季定型現代仮名遣い俳句のお手本を示してくれます。
俳壇では選者級で書家でもあられ本来なら句会の長たる人物。
しかし「りかちゃん句会」では、逆説を地で行くのが慣わし(?)
人間の培ってきた威厳といえども、逆転の発想の実践こそ
俳の精神。俳の神様の思し召し。
皆納得しているところも進展冥利に尽きます。

・今回流人の刑で遠い北の島に流されているキムテツ氏は、
飛行機で脱走を試みられたようですが、大雪に阻まれて挫折の体。
キムテツ氏やギネマ氏がいなくても、
ちゃんと出来るということが証明できました。
でも、このブログで句評や出句すれば、不参加復活もありです。
点取りじゃなく、自句顕示と評論に重点を置けば
ネット活用は有益です。(この場合わが生業は無益です^^;)

・初回で句会風景をビデオ撮影してくれた麿さんにも
土壇場で声かけたのですが、丁重な詫び状メール(?)が来て、
駆けつけ侭ならなくて残念でした。
思い立ったら吉日。俳句やりましょう。
「安い・簡単・文学臭」の良いこと尽くめだし。

・キムテツさん、ご指摘の「下語→下五」の訂正しましたm(__)m
歌詞みたいなルビ振りはいかがなものかと虎児氏と論争しました。
よっぽど良い句じゃないと、引用する時面倒くさいから
パスしちゃいますよね。だから不利だと言いました。キムテツ氏も同感。
自句の「春ともし」は、手馴れた人には古く感じて、一般人には新鮮に映る。
そういう言霊を意図したのでした。
死語にしてしまったらもったいないですね。
莉加ちゃんも?だったので、説明したら肯ってくれました。

>次回は天狗俳句、やりませんか(^.^)
知らない人の為に説明しておきます。
【天狗俳諧】 てんぐ-はいかい
俳諧で、上五・中七・下五を各自が随意作り、紙片に記したものを
無作為に組み合わせて一句とする遊戯。偶然できた面白い句や意味の
通じない句などに興じる。 (大辞林)

何時とは言いませんが是非やりましょう。
今回の提案として、次の5点セットが机上に上がりました。
末尾以外は私の欲張り提案ですが^^;

◇都都逸(七・七・七・五の音数律)やってみましょう。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E3%80%85%E9%80%B8
◇虎児氏指導で、筆墨(揮毫)句会やってみましょう。
◇吟行やってみましょう。(莉加ちゃんの目がキラキラ)
◇朗読句会やってみましょう。
◇天狗俳諧やってみましょう。
cf. HP「玄界灘男の嘘廿則」→「嘘」は論理的で無くてはならない
 http://www2.ocn.ne.jp/~genkai/uso5.html

・雪中庵さま、「回文派」心強いお言葉です。
回文俳句のムーブメントは「りかちゃん句会」にもありです。

〜長々とどうもすいません。           -1541
Posted by 二健 at 2006年02月15日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。